中国では、「一命、二運、三風水」という言葉があります。

良い命に恵まれた人はもちろん最高ですが、さほど「命」が良くなくても、人生の流れ(運)が良ければありがたいものです。

「命」も「運」も足りない時、「風水」の力で直します。

風水師が自宅、事務所、お店、或いはお墓等の現場で、周りの環境(巒頭)を羅盤と目で勘して、風水の殺気等、吉凶の影響を確認します。

そして次は羅盤で目に見えない「線」を測り、鑑定する人(家族、社員など)の生年月日に合わせて吉と凶の方角(理気)を計算します。

これで悪い気を抑えて、吉の気を動かして、健康運、金運、商売運、受験運、結婚縁、子宝縁等の運勢をアップさせます。

 

風水紫微斗数人相易占姓名学